2/20 6:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: マネー、安全資産ドルに集中 肺炎で2年9カ月ぶり高値
  2. 2位: 楽天、「送料込み」に見えた強気と妥協[有料会員限定]
  3. 3位: 「超弱気派」が買う日本株 バフェット指標で警戒[有料会員限定]
  4. 4位: NYダウ反発、上げ幅一時100ドル高 中国関連株に買い
  5. 5位: 東証、3市場移行は22年4月 「新1部」基準適用に猶予[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,368,849億円
  • 東証2部 73,901億円
  • ジャスダック 95,867億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率15.14倍15.86倍
株式益回り6.60%6.30%
配当利回り1.98% 1.98%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,400.70 +206.90
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,370 +170

[PR]

国内株概況

株、武漢閉鎖から3週 日産自にみる新型肺炎の深刻さ

2020/2/14 12:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

14日午前の日経平均株価は続落し、前日比123円14銭(0.52%)安の2万3704円59銭で終えた。新型コロナウイルスの感染による肺炎に関して、中国、そして日本でも感染をめぐる新たな局面に入ったとの見方が浮上。経済や企業業績への悪影響を警戒する投資家が増えた。市場参加者の身構える姿勢を象徴しているのが日産自動車だ。

1月23日に中国・武漢市が事実上閉鎖されて以来3週間がたった。中国ではサプライ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム