/

この記事は会員限定です

円急落、気まぐれ米政権にHFT混乱

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 今 晶

[有料会員限定]

13日のニューヨーク外国為替市場で円相場が急落した。米政府が対中制裁関税の「第4弾」でスマートフォンなど一部品目の発動を先送りし、リスク回避の円高局面が続くとみて買い持ちに傾き始めていた投機筋の出ばなをくじいた。だが、相場変動率は高止まりしたまま。気まぐれなトランプ米政権は規則性を重視するコンピューター・プログラムとの相性が悪く、高速な回転売買で相場を安定させるHFT(高頻度取引)の存在感回復は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り748文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン