/

この記事は会員限定です

ホルムズ海峡緊張 市場はこう見る

[有料会員限定]

中東のホルムズ海峡近くのオマーン湾で13日、日本の船舶を含む2隻の石油タンカーが何者かの攻撃を受けて炎上した。事件を受けて米原油先物相場は上昇。一方、ポンペオ米国務長官は「イランに責任がある」と主張するなど、米国とイランとの緊張感が強まっている。中東発の地政学リスクの高まりは市場にどのような影響を与えるか。関係者に聞いた。

【株式】

現段階で影響は限定的 原油需給緩和の継続で

藤戸則弘・三菱UFJモルガン・スタンレー証券チーフ投資ストラテジスト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン