/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト 既視感ある急反発 米中対立と金利低下なお警戒

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=古江敦子】13日の米株式相場は急反発した。米政権が対中制裁関税で一部品目に発動延期を決め、米中対立が和らぐと期待されたからだ。米株が売り込まれた局面で米政権が中国への強硬姿勢を和らげ、投資家心理が好転するのはこれまでに何度も起きたこと。きょうの展開には「既視感がある」とみる投資家は多く、急伸した後は荒い値動きが続くとの警戒感は解かれていないようだ。

ダウ工業株30種平均の13...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン