/

この記事は会員限定です

株、大幅安回避に海外勢の売り一服 安川電の見通しも一定の安心感

[有料会員限定]

13日の東京株式市場で、午前の日経平均株価は前週末比148円安の1万9349円で終えた。新型コロナウイルスの国内での感染拡大には歯止めがかからず、買い手不在のなか大幅安になってもおかしくない。そんな状況で相場の底堅さを演出したのが海外投資家とみられる。

この日の香港やロンドン、フランクフルトといった主要な欧州市場が休場とあって、市場参加者は限られた。東証1部の前引けの売買代金は7495億円と、こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り982文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン