/

楽天の三木谷会長兼社長「一部本社機能の米シリコンバレー移転を検討」

楽天(4755)の三木谷浩史会長兼社長は13日に都内で開いた決算説明会で「一部の本社機能を米シリコンバレーに移すことも考えている」と話した。「我々のような(ネット)業界は、シリコンバレーを中心に様々な国から英知が集まりイノベーションを推進している」ことが、本社機能の一部移転を検討している背景にあるようだ。三木谷氏はトランプ米大統領が移民の入国を制限する方針を示していることについて「米国が世界中の人が憧れる国で居続けてほしい」と述べた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン