榊原経団連会長「労働基準法の70年の歴史の中でも最も画期的」

2017/3/13 18:57
共有
保存
印刷
その他

 経団連の榊原定征会長は13日、残業時間の上限規制で労使合意したことについて「今回の改革は労働基準法の70年の歴史の中でも最も画期的で、いわゆる大改革だ」と述べた。連合の神津里季生会長は「非常に大きな改革」とした上で「あくまでも第一歩にしかすぎないのも事実だ」とし、さらなる環境改善に意欲を示した。合意文書を提出後に首相官邸内で記者団の取材に応じた。

 安倍晋三首相が残業時間の上限について「100時間未満とする方向で検討して頂きたい」と指摘したことについては、双方が「持ち帰って検討する」と述べるにとどめた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 10:46
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 1:00
1:00
東海 2:00
2:00
北陸 12:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 10:50
10:30
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
11:06更新
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報