2019年3月26日(火)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,018,329億円
  • 東証2部 75,903億円
  • ジャスダック 90,177億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率13.21倍13.79倍
株式益回り7.56%7.24%
配当利回り1.90% 1.99%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,428.39 +451.28
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,150 +410

[PR]

マーケットニュース

フォローする

10~12月の実質GDP、年率1.0%増 外需に伸び

2017/2/13 8:50
保存
共有
印刷
その他

内閣府が13日発表した2016年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0.2%増、年率換算では1.0%増だった。プラスは4四半期連続。輸出主導で外需が伸びた。個人消費は振るわなかったが補った。

QUICKが集計した民間予測の中央値は前期比0.3%増で、年率では1.0%増だった。

生活実感に近い名目GDP成長率は前期比0.3%増、年率では1.2%増だった。名目も4四半期連続でプラスになった。

実質GDPの内訳は、内需が0.0%分の押し下げ効果、外需の寄与度は0.2%分のプラスだった。項目別にみると、個人消費が0.0%減と、4四半期ぶりにマイナスだった。生鮮野菜の高騰が家計支出を抑制した。

輸出は2.6%増、輸入は1.3%増だった。アジア向けや北米向けに需要が回復し輸出が拡大した。国内需要が伸び、輸入量が増加した。 設備投資は0.9%増と、2四半期ぶりにプラスだった。輸出増などを受けて生産活動が回復し、設備投資需要が高まった。住宅投資は0.2%増。公共投資は1.8%減。民間在庫の寄与度は0.1%のマイナスだった。

総合的な物価の動きを示すGDPデフレーターは前年同期と比べてマイナス0.1%だった。輸入品目の動きを除いた国内需要デフレーターは0.3%のマイナスだった。

同時に発表した16年暦年のGDPは実質で前年比1.0%増、生活実感に近い名目で1.3%増となった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

過去の統計データがご覧いただけます。

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム