2017年11月19日(日)

NY円、1カ月ぶり安値 110円台後半、日米金利差拡大で

2017/9/14 1:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】13日午前のニューヨーク外国為替市場で円が対ドルで一段安となっている。一時は110円69銭と8月16日以来、およそ1カ月ぶりの安値を付けた。米国債利回りが上昇(価格は下落)し、日米金利差の拡大を手がかりとした円売り・ドル買いが優勢だ。北朝鮮情勢への懸念が後退したことも、リスク回避の際に買わ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

CPIニューヨーク外国為替市場NY円



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報