テンセント、7~9月期純利益は13%減 コンテンツなど費用増

2019/11/13 19:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=柘植康文】中国ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)が13日に発表した2019年7~9月期決算は、純利益が前年同期比13%減の203億元だった。18年10~12月期以来、3四半期ぶりの最終減益となり、QUICK・ファクトセットがまとめた決算発表直前の市場予想(1%増の235億元)を下回った。動画などのコンテンツ拡充による費用の増加に加えて、投資先株式の時価評価などに伴う利益が大幅…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]