2019年3月20日(水)

ドコモ、ローソンとの業務提携を発表 夏の新商品は10機種

2015/5/13付
保存
共有
印刷
その他

NTTドコモは13日午後、都内で開いた今夏の新サービスと新商品の発表会で、ローソンと共通ポイント「Ponta(ポンタ)」の運営会社である三菱商事系のロイヤリティマーケティング(東京・渋谷)と業務提携で合意したと発表した。NTTドコモはこれまで携帯電話などドコモ商品の購入時などにしか使えなかった携帯電話契約者向けのポイントサービスを、店舗やネットショッピングなどにも利用できるようにすることで、顧客の利便性を向上する。

記者会見で握手するNTTドコモの加藤社長(左)とローソンの玉塚社長(13日午後、東京都中央区)

同社は新たなポイントサービス「dポイント」の提供を12月1日から始める。約5400万人の個人契約者が対象。「dポイント」と「ポンタ」のポイントの相互交換が可能となり、12月の開始時点でまずローソンの全国約1万1000店で使えるようになる。ポンタの加盟店は約2万3400店。発表会に出席した加藤薫社長は「できるだけ早く利用できる店舗を増やしたい」と説明した。

これに先行して、6月1日からローソンの各店舗でNTTドコモのクレジット決済機能「DCMX」などを利用すると、決済金額の3%を割引するサービスも始める。

加藤薫社長は「ドコモとローソンの強みをプラスし、新たな価値を創造したい」と強調。ローソンの玉塚元一社長は「お互いのフランチャイジーの中でもう少し業容を拡大したい。いろんな可能性について検討して提供したい」と力を込めた。

NTTドコモは新商品の夏モデルとして、スマートフォン(スマホ)やタブレット(多機能携帯端末)など合計10機種を5月下旬から順次発売すると発表した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報