/

三井住友FGの4~9月期、純利益9%減 資産運用ビジネス減益などで

三井住友フィナンシャルグループが13日発表した2019年4~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比9%減の4319億円だった。低調な市場環境を背景に資産運用ビジネスが減益となったことが響いた。

本業のもうけを示す実質業務純益(三井住友銀行単体)は10%増の3329億円だった。

20年3月期の連結業績予想は純利益が前期比4%減の7000億円となる従来予想を据え置いた。配当予想も1株あたり年180円と、前回から据え置いた。

同社の太田純社長は手数料は「顧客に付加価値の高いサービスを提供して対価を受け取るのが基本的な考え方だ」と前置きしつつ、口座維持手数料について「今のところ方針は決めておらず白紙だ」とした。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン