2019年6月16日(日)

ウーバー11%安 収益懸念で2日目も下げ止まらず

2019/5/14 0:31
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】13日の米株式市場で配車サービス大手のウーバーテクノロジーズ株が大きく下げ、一時は前週末比10.6%安の37.17ドルを付けた。10日に米ニューヨーク証券取引所に上場し、初値は42ドルと公開価格(45ドル)を7%下回った。米中貿易摩擦の激化で相場全体の地合いが悪化したこともあり、上場2日目も下げ止まる気配がない。営業赤字額が大きいうえ増収率は鈍化しており、収益を巡る不透明感が嫌気されている。

同業のリフトにも売りが波及し、一時は7.3%安の47.38ドルを付けて上場来安値を更新した。3月下旬に米ナスダック市場に上場したが、収益懸念などを背景にほぼ一本調子で株価は下落。公開価格(72ドル)を3割強下回る水準で推移している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報