2019年6月20日(木)

上海株大引け 反落、米中摩擦が重荷 金融安い

2019/5/13 16:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=安部健太郎】13日の中国・上海株式相場は反落した。上海総合指数の終値は前週末と比べ35.4975ポイント(1.20%)安の2903.7131だった。10日までの米中閣僚級協議が不調に終わり、米国は中国からの輸入品すべてに関税を広げる「第4弾」の制裁準備を進めている。米中両国は協議を続けるとみられるものの、米中摩擦の先行き不透明感は強く、運用リスクを回避する売りが広がった。

上海総合指…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報