リクルート、連結純利益7%減の650億円 16年3月期
海外投資が重荷

2015/5/13付
保存
共有
印刷
その他

リクルートホールディングスは13日、2016年3月期の連結純利益の見通しが前期比7%減の650億円だと発表した。人材メディア事業は堅調なものの、海外でのM&A(合併・買収)で生じるのれん償却費などが重荷となる。市場予想の平均であるQUICKコンセンサス(2日時点、10社)の727億円には届かない。年間の配当は3円増の年50円とする。

売上高は19%増の1兆5500億円の見通し。オーストラリアの人…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]