三井化学の今期、純利益21%減に上振れ 基盤素材の収益改善

2020/8/13 13:41
保存
共有
印刷
その他

三井化学(4183)は13日、2021年3月期(今期)の連結純利益(国際会計基準)が21%減の270億円になりそうだと発表した。従来予想から70億円引き上げた。基礎原料などを手掛ける基盤素材事業で海外市況が改善し、販売単価も上昇したことから収益性が改善する。

売上高にあたる売上収益は13%減の1兆1700億円と従来予想から250億円引き上げた。本業のもうけを示すコア営業利益も45%減の400億円…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]