/

マクドナルドの17年12月期、純利益最高 新商品など好調で

日本マクドナルドホールディングスが13日発表した2017年12月期の連結決算は、純利益が前の期の4.5倍の240億円と11年12月期以来、6年ぶりに過去最高を更新した。新商品の投入やキャンペーンを相次ぎ実施。販売が伸び、加盟店から得る指導料収入が増えた。

指導料を主体とする売上高は12%増の2536億円だった。東西日本で異なるマクドナルドの愛称「マック」と「マクド」を競うイベントを実施。91年の発売以来はじめて「月見バーガー」を刷新し、既存店ベースのチェーン店売上高は12%増えた。営業利益は2.7倍の189億円だった。

18年12月期の連結売上高は前期比6%増の2690億円、純利益は19%減の195億円を見込む。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン