/

LIXILグの今期、150億円の最終黒字転換 伊子会社は再生計画実行

LIXILグループは13日、今期(2020年3月期)の連結最終損益(国際会計基準)が150億円の黒字になりそうだと発表した。前期はイタリアの建材子会社、ペルマスティリーザ社の工事損失引当金など減損損失の計上などで3期ぶりの最終赤字となったが、今期は黒字転換を見込む。

売上高にあたる売上収益は1%増の1兆8500億円、営業損益は380億円の黒字(前期は150億円の赤字)の見通し。海外のウォーターテクノロジー事業で増収を見込むほか、ペルマスティリーザ社は収益性回復に向けた再生計画を進める。

同時に発表した前期(2019年3月期)の連結決算は、売上収益が前の期比微増の1兆8326億円、最終損益は492億円の赤字だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン