監視委、日本調剤元役員に課徴金勧告 重要事実に関わる推奨行為

2019/9/13 16:52
保存
共有
印刷
その他

証券取引等監視委員会は13日、重要事実の公表前に日本調剤(3341)株の買い付けを推奨したとして、同社元役員に対し課徴金218万円を納付させるよう金融庁に勧告した。

元役員は同社が自己株式を取得するとの重要事実を公表前に知りながら、利益を得させる目的で知人に対し日本調剤株の買い付けを勧めたという。知人は、2018年6月25日から7月31日までの間、市場で日本調剤株を買い付けた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]