4月街角景気、現状判断指数が5カ月連続改善
基調判断は維持

2015/5/13付
保存
共有
印刷
その他

内閣府が13日発表した4月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、足元の景気実感を示す現状判断指数は前月比1.4ポイント上昇の53.6となった。改善は5カ月連続。好況の判断の目安となる50を3カ月連続で上回り、消費増税前の14年3月(57.9)以来の高水準となった。内閣府は「景気に前向きな見方が増える半面、物価上昇などを背景に消費の慎重さへの指摘も根強い」と指摘。街角景気の基調判断は、3月と…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]