/

村上世彰氏、エクセル株の5%超取得 三信電・黒田電も買い増し

「物言う株主」として知られた投資家の村上世彰氏が、半導体商社のエクセル(7591)株の5.15%を取得したことが13日、明らかになった。村上氏が13日に関東財務局に提出した大量保有報告書でわかった。村上氏はエクセル株のほか、三信電気株(8150)、黒田電気株(7517)など電子部品関連の商社株を足元で買い増し、業界再編の可能性も視野に入れている。

エクセル株の保有目的は「投資及び状況に応じて経営陣への助言、重要提案行為等を行うこと」としている。

村上氏が同日付で関東財務局に提出した大量保有報告書によると、半導体商社の三信電株を6日までに6.21%取得した。6月29日に提出していた大量保有報告書では5.09%だった。

村上氏は共同保有者とあわせて黒田電気株を約15%保有している。黒田電気は村上氏を含む4人の社外取締役の選任の決議事項とする臨時株主総会を8月28日に開催する予定だ。黒田電気は4人の選任議案に対し、「ガバナンス体制は、十分に機能している」ことなどから反対の意向を表明している。

村上世彰氏の娘で旧村上ファンドの関係者が運営するC&Iホールディングスの最高経営責任者(CEO)の村上絢氏は「国内の電子部品関連の商社は海外と比較して小型な会社が多い。収益力の強化のため、業界再編も視野に入れている」と話している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン