上海株大引け 3日続伸、政策期待でインフラや不動産に買い

2018/12/13 16:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=柘植康文】13日の中国・上海株式相場は3日続伸した。上海総合指数の終値は前日に比べ31.8965ポイント(1.22%)高の2634.0491だった。2019年の経済政策の運営方針を決める中央経済工作会議が近く開催されると伝わっており、インフラ投資の拡大や不動産市場引き締めの緩和などの景気刺激策への期待が高まった。

中国が米国産大豆を大量に買い付けたと伝わるなど、米中貿易摩擦への懸念が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]