/

この記事は会員限定です

日経平均、一時1万7000円割れ 市場ドキュメント

[有料会員限定]

各国政府や中央銀行の対応が新型コロナウイルスの感染拡大による世界景気の減速懸念に歯止めを掛けるに至らず、12日の米欧株式相場は大幅下落した。投資家は運用リスクを回避する動きを一段と強めており、13日の東京株式市場も全面安の展開となっている。

寄り付き 大半の銘柄は売り気配

前日の米欧株式相場の急落を受け、日経平均株価は前日比376円16銭(2.0%)安の1万8183円47銭で始まった。大半の銘柄は売り気配で推移。その後、売り気...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2167文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン