/

この記事は会員限定です

<東証>東宝が一段高 決算控え先回り買い、「鬼滅の刃」効果も期待

[有料会員限定]

(13時20分、コード9602)東宝が反発している。午後に一時、前日比95円(2.2%)高の4475円をつけた。きょう大引け後に2020年3~8月期の連結決算の発表を予定しており、業績の持ち直しに期待した先回り的な買いが株価を押し上げている。

東宝は16日、人気漫画を題材にした「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」を公開する。すでに大きな話題となっており、TOHOシネマズは16~18日に全劇場で全座席を販売す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り254文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン