/

この記事は会員限定です

株、買いは「中国」関連から 機械と自動車が頼り

[有料会員限定]

13日午前の東京株式市場で日経平均株価は前日比32円安の2万3525円と小幅に下げた。前日の米ハイテク株高の流れで朝方は買いが先行したが、やがて失速した。主要企業の決算発表を控え、様子見ムードが漂うなか、買いが目立ったのは中国関連株。ファナックが一時4%ほど上げるなど、中国経済の回復期待が相場を支えた。

日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)は軟調だったが、中国で積極的に事業展開する銘柄で構成...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り920文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン