アルゼンチン100年債急落、利回り10%超 ポピュリズム政権を警戒

2019/8/13 8:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNニューヨーク=滝口朋史】アルゼンチンが2017年に発行した償還までの期限が100年に及ぶ国債の価格が急落した。11日投開票の大統領予備選で左派のフェルナンデス元首相が、改革・開放路線を進めてきた中道右派の現職のマクリ大統領に大勝。大衆迎合(ポピュリズム)政権の下で財政が悪化するとの警戒感が売りを誘った。

米経済メディア「クオーツメディア」によると、アルゼンチンの100年債の価格は12日に額…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]