/

この記事は会員限定です

香港デモ、アジアマネー萎縮か 米中破談リスクも警戒

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

香港で発生した大規模なデモの余波を警戒する空気が市場に広がっている。2014年9月のデモ、いわゆる「雨傘運動」の時は香港発の地政学リスクを嫌気し、株安は香港から日米にも波及した。中国政府が国内外ともに強硬路線に転じかねないと懸念する見方も増えている。

14年9月下旬に発生した民主化を求めるデモでは香港株式市場で長江実業や東亜銀行、周生生集団国際などの不動産・銀行・小売りを中心に売られた。ハンセン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り346文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン