/

米サード・ポイント、フェイスブック株を新規取得 6月末時点

【NQNニューヨーク=横内理恵】米著名投資家ダニエル・ローブ氏が率いる投資ファンド、サード・ポイントが4~6月期に新規で米フェイスブックを375万株取得していたことが分かった。12日に米証券取引委員会(SEC)に提出した四半期の保有報告書で明らかになった。6月末時点の金額にすると4億2855万ドル(約430億円)となる。

一方で、グーグルの持ち株会社であるアルファベットの保有株は減らした。3月末時点で普通株で議決権のあるA株を70万株保有していたが、6月末時点では40万株まで縮小した。化学のダウ・ケミカルも500万株減らし、保有を2000万株とした。

バイオ製薬のアムジェンは300万株全てを売却した。半導体のブロードコムや食品のクラフト・ハインツ、1~3月期に取得した21世紀フォックスと仮想化ソフトVMウエアも全株を処分した。

報告書に記載のある銘柄の中で保有額が大きい製薬のバクスター・インターナショナルへの投資は5385万株から5190万株に減らし、同業のアラガンも500万株から490万株に縮小した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン