トランプ氏、FRBの低金利政策を批判 「独立性ほど遠い」「虚偽の相場」

2016/9/13 1:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】共和党の米大統領候補のドナルド・トランプ氏は12日、米CNBCテレビの電話インタビューで米連邦準備理事会(FRB)がオバマ政権の意向に沿って政策金利を低く維持しているなどと述べ、FRBを批判した。FRBは金利を低く抑え、「虚偽の株式相場(上昇)」を作り出したと指摘。「現時点での利上げは非常に小さ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]