2019年9月15日(日)

米政権、貿易協議で中国と暫定合意を検討か 米報道

国際・アジア
2019/9/12 23:39
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】トランプ米政権が中国との貿易交渉で暫定的な合意を検討しているようだ。米ブルームバーグ通信が12日報じた。中国が知的財産権の保護や米国産農産物の購入を受け入れることを条件に、対中制裁関税の延期や税率引き下げをするという。事情に詳しい関係者の話として伝えた。

これとは別にトランプ米大統領は11日夜、2500億ドル分の中国製品に対する制裁関税の引き上げを延期すると発表。中国政府も12日、米国産農産品の輸入手続きを再開したと表明しており、米中対立が和らぐとの観測が強まっている。

報道を受け、小幅安で推移していた米株は上昇に転じた。ダウ工業株30種平均は前日比159ドル36セント高の2万7296ドル40セントと、7月15日に付けた過去最高値(2万7359ドル16セント)に迫る場面があった。

その後、米CNBCは米政府関係者が「暫定合意を検討している事実はまったくない」と述べ、ブルームバーグ報道を否定したと報じた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。