2017年12月16日(土)

パウエルFRB理事「金融政策の正常化は緩やかに進む」

2017/10/13 0:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNニューヨーク=森田理恵】米連邦準備理事会(FRB)のパウエル理事は12日、ワシントンで講演し「米金融政策の正常化はこれまで通り緩やかに進むだろう」との見解を示した。講演のテーマである新興国経済について「世界的な金融環境の正常化が秩序だった形で進む限り余裕を持って(変化に)適応できるだろう」と指摘した。

 利上げのペースに加え、9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で決めたFRBの保有資産の圧…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報