/

この記事は会員限定です

円高歯止め、介入か追加緩和 欧米投資家が熱い視線

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=岩切清司】今週に入り1年5カ月ぶりの高値を付けた円相場。12日のニューヨーク外国為替市場では円高に一服感が出たが、このまま円買い・ドル売りの流れが収束するとの見方は乏しい。海外市場でも日を追うごとに相場動向への関心が高まっている。欧米では円高の歯止め役として政府・日銀よる円売り介入と日銀の追加緩和を挙げる投資家が多い。

安倍晋三首相が6日付の米紙インタビューで「恣意的な為替市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3712文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン