三菱ケミの小酒井副社長、3社統合の効果「今期は50億円程度」

2017/5/12 14:47
保存
共有
印刷
その他

三菱ケミカルホールディングス(4188)の小酒井健吉副社長(最高財務責任者=CFO)は12日の決算記者会見で、4月に発足した主力事業会社「三菱ケミカル」について「(発足初年度となる)今期はコスト削減などで50億円程度の統合効果を実現させたい。事業的なシナジーが出てくるのは少し先になる」との見通しを示した。

三菱ケミカルは傘下の三菱化学、三菱樹脂、三菱レイヨンの3社が統合して発足した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]