/

ホンダ、20年3月期の純利益25%減 今期は未定

ホンダが12日発表した2020年3月期(前期)の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前の期比25%減の4557億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大による影響で世界的に自動車などの生産や販売が振るわなかった。為替変動も利益を圧迫した。

売上高に当たる売上収益は6%減の14兆9310億円、営業利益は13%減の6336億円だった。コスト削減や販管費の低減に努めたが、四輪事業はアジアや北米を中心に販売が低迷した。二輪事業も最大市場のインドなどアジア地域の販売が減少した。

21年3月期通期の連結業績予想と配当予想は「新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う影響を現時点において合理的に算定することが困難」として「未定」とした。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン