2018年12月15日(土)

日経平均、下げ幅500円超 1万7200円を割り込む

2016/1/12 14:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

12日後場終盤の東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を500円超に広げ、一時1万7200円を割り込んだ。取引時間中としては、昨年9月30日(1万7179円)以来の安値水準。中国の人民元や上海株の動向を巡る投資家の警戒感が強いほか、米原油先物の下げが時間外取引で加速していることが投資家心理を一段と冷やしている。外国為替市場で円相場が1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報