/

この記事は会員限定です

台湾株12日 反落、短期的な過熱を警戒 金融に売り

[有料会員限定]

【NQN香港=安部健太郎】12日の台湾株式市場で加権指数は反落した。終値は前日比40.41ポイント(0.30%)安の1万3221.78だった。指数は11日に1.4%上げて過去最高値を更新しており、12日は短期的な過熱を警戒した売りがやや優勢となった。11日の米ハイテク株高を好感した買いが先行し朝方には0.5%高まで上げる場面もあったが、買いは続かなかった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り174文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン