/

この記事は会員限定です

アジアの不動産活況 香港REITは3割高

[有料会員限定]

アジアの不動産や関連株、不動産投資信託(REIT)市場の上昇基調が鮮明だ。米欧など世界各国・地域の中銀の金融緩和期待で金利低下が進み、債券などよりも良い利回りを求める投資家の資金が流入している。金利安が個人の住宅ローン利用を促し、住宅や不動産価格の上昇も目立つ。ただ、中には過熱感が出ている市場もあり、当局が規制に乗り出すケースも出始めた。

日本では11日、REITの総合的な値動きを示す東証REIT...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2107文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン