/

この記事は会員限定です

市場に「ポケモノミクス」 関連企業の時価総額、4日で1兆3000億円増

[有料会員限定]

12日の東京株式市場でポケモン関連がにぎわった。任天堂が米国などで6日から配信を始めたスマートフォン(スマホ)向けゲーム「ポケモンGO」が人気化し、任天堂株が急伸。物色の裾野は任天堂の大株主の京都銀行やゲーム開発で提携するディーエヌエーのほか海外にも広がった。

任天堂の売買代金、東証1部の9分の1占める

この日の任天堂株は一時2785円(13.7%)高の2万3045円まで上昇し、売買代金は3088億円と東証1部全体の9分の1を占めた。2位のトヨタ(784億円)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン