/

楽天証券、12日午前に一部のトレーディングソフトで株価を誤表示

楽天証券のトレーディングソフト「マーケットスピード」などの一部で12日午前、株価の表示に誤りがあったことが分かった。10時10分から11時30分ごろまでの間、一部の投資家向けに正しい株価の配信ができなかったという。

楽天証券は日経QUICKニュースの取材に対し「原因はハードウエアの故障」と回答した。正しい株価情報を配信できなかったのは「マーケットスピード」とスマートフォン(スマホ)向けトレーディングツール「iSPEED」の一部。いずれも11時30分過ぎに復旧した。同システムの取引の発注機能には支障はなかったという。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン