/

この記事は会員限定です

スイスが淡々と為替介入、隠れた円高要因か

[有料会員限定]

日本の政府・中央銀行が急ピッチの円高・ドル安を前に難しいかじ取りを迫られる陰で、スイスの通貨当局がスイスフラン売りの為替介入を進めているとの観測が広がっている。スイスは政治的な「永世中立国」で、20カ国・地域(G20)などの国際協調の枠組みとは距離を置く。欧米や新興国とのしがらみが薄いだけに、淡々と自国通貨高を防げるわけだ。フランに向かいづらくなった投機資金が円に流れ、円高を促したとの解釈も出てい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン