2018年7月22日(日)

トラックの自動隊列走行を実証実験 高速道路で4社合同

2018/1/12 15:20
保存
共有
印刷
その他

 高速道路でのトラックの自動隊列走行の商業化に向け、経済産業省と国土交通省は12日、トラックメーカー4社が合同で実証実験を行うと発表した。まず有人のまま隊列走行して周辺の車両に及ぼす影響などを確かめる。2018年度には無人での実験に切り替えて検証し、22年の商業化を目指す。

 実証実験は1月23日から25日の3日間、新東名高速道路の浜松サービスエリア(浜松市)と遠州森町パーキングエリア(静岡県森町)の間の約15キロの区間で行う。いすゞ自動車(7202)や日野自動車(7205)、三菱ふそうトラック・バス、UDトラックスの4社のトラックが3台の隊列を組み1日2往復程度、走行する。

 複数メーカーのトラックによる高速道路での隊列走行実験は世界初だという。北関東自動車道でも1月30日から2月1日まで技術実証実験を行い、道路のアップダウンへの対応などを確かめる予定だ。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報