/

この記事は会員限定です

株、強気支える景気回復期待 「気圧計」に底入れの兆し、香港懸念も相場崩れず

[有料会員限定]

12日午前の日経平均株価は小幅に反発し、前引けは前日比38円高の2万3370円だった。警官隊とデモ隊の衝突が続く香港情勢への警戒感から朝方は下げる場面もあったが、その後は小高い水準を維持。年初来高値圏にある日本株が大きく崩れる気配は乏しい。なおも強気心理を保ち続けられる背景にあるのが世界景気や企業業績の底入れ期待だが、注目度の高い経済指標にもその兆しが見えつつある。

経済協力開発機構(OECD)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1024文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン