/

東京都心オフィス空室率、上昇続く 10月は3.93%

オフィス仲介の三鬼商事(東京・中央)が12日発表した10月の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィス空室率は前月比0.50ポイント上昇の3.93%だった。上昇は8カ月連続で、2016年7月(3.94%)以来4年3カ月ぶりの高さとなった。

在宅勤務の広がりに加え、コスト削減の動きも強まっていることが響いた。オフィスを自社ビルや親会社のオフィスへ集約したり、面積を縮小させたりなどの理由で解約が出て、既存ビルの空室率は8カ月連続で上昇した。新築ビルでは一部に成約があり、空室率は2カ月続けて低下した。

地区別にみると、5区すべてで空室率が上昇した。渋谷区の空室率は5.14%と、14年2月(5.37%)以来の5%台となった。オフィス縮小の動きが出た港区の空室率は4.84%、集約の動きが出た新宿区の空室率は4.12%だった。

都心5区のオフィス平均賃料は3.3平方メートルあたり前月比1.32%(299円)下落し、2万2434円となった。下落は3カ月連続で、新築ビル、既存ビルともに下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン