/

スカイマーク、最終赤字136億円 4~12月単独

通期見通しを撤回

スカイマークが12日発表した2014年4~12月期の単独決算は、最終損益が136億円の赤字(前年同期は2億3000万円の黒字)だった。座席間隔を広げた中型機「A330」の導入費用が負担となったほか、円安による燃油費の増加も重荷となった。

売上高は前年同期比1%減の643億円、営業損益は112億円の赤字(前年同期は1億8100億円の赤字)だった。他の格安航空会社(LCC)との競争激化も逆風となっている。業績悪化で資金繰りが逼迫し、14年12月末時点の現預金は7億3000万円と、同年3月末(約70億円)から急減した。

決算短信には、4~9月期に続き「継続企業の前提に関する重要な疑義」があると明記した。欧州エアバスとの売買契約を巡り多額の違約金が発生する可能性がある。違約金の減額については「引き続き交渉を行っている」と開示した。違約金の規模は「現時点で合理的に見積もることが困難」として、決算内容には織り込んでいない。

15年3月期の単独業績見通しは、従来の予想をすべて撤回した。民事再生手続きを経て再生計画を遂行する見通しだが、「(詳細が)現時点では確定していない」ため、業績見通しを「作成不能」という。従来は最終損益が136億円の赤字(前期は18億円の赤字)、売上高は前期比3%増の882億円を見込んでいた。年間配当も引き続き未定。

同社は資金繰りの悪化を受けて1月28日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請。投資ファンドのインテグラル(東京・千代田)の支援契約のもと経営再建を目指している。搭乗率も低迷しており、1月は全路線平均で55.1%と1月では過去5年で最低だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン