/

シチズンHDの4~6月期、純利益45%増 腕時計好調

シチズンホールディングス(7762)が12日発表した2015年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比45%増の51億円だった。高価格帯の腕時計が好調だった。ビザの発給条件の緩和で訪日外国人(インバウンド)消費が増加した恩恵も受けた。アナリスト予想の平均であるQUICKコンセンサス(7月31日時点、3社)の33億円を上回った。通期予想に対する進捗率は27%になった。

売上高は10%増の836億円、営業利益は39%増の63億円だった。主力の時計事業が営業益は2.0倍に増えた。高級モデルの「エクシード」などが伸びた。円安効果で欧米向けも好調だった。

16年3月期通期の業績予想のうち売上高を前期比10%増の3600億円に引き上げた。従来予想は6%増の3470億円だった。営業利益は9%増の305億円、純利益は8%増の190億円はそれぞれ据え置いた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン