/

この記事は会員限定です

救済観測で株価明暗 大塚家具急騰・ヤマダ電機大幅安

[有料会員限定]

12日午後の東京株式市場で経営再建中の大塚家具(JQ、8186)に買いが殺到している。ヤマダ電機(9831)による子会社化報道がきっかけだ。一方、ヤマダ電は大きく下落。異分野再編に対する投資家の初期反応は明暗を分けたが、中長期的な評価を巡っても市場の見方は対立している。

昼ごろ、ダイヤモンド・オンラインが「ヤマダ電機が、経営再建中の大塚家具を子会社化する方向で最終調整に入ったことが12日、分かっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り854文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン