大和証券、ポイントプログラムや店内ATMを廃止 サービス見直し

2019/9/12 15:35
保存
共有
印刷
その他

大和証券グループ本社(8601)傘下の大和証券は12日、収支構造改革の一環として顧客向けのサービスを見直すと発表した。環境問題への取り組みとして一部書面の郵送を取りやめるほか、取引に応じてポイントがたまる「ダイワのポイントプログラム」や本店や支店に設置しているATMを廃止する。

国内債券の償還金や投資信託の分配金・償還金を通知する案内書の郵送を2020年1月から停止する。「ダイワのポイントプログラム」のポイント付与は20年3月31日まで、商品や特典などの交換期限は21年3月31日とする。店内ATMは19年11月29日でサービスを停止する一方、12月1日からはゆうちょ銀行での出金を無料にする。また、一部の口座管理料を無料にする。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]