銀証の壁 金融庁で存廃の議論始まる

2020/10/12 13:21
保存
共有
印刷
その他

金融庁は12日、金融審議会の「市場制度ワーキンググループ」の第1回の会合を開いた。同じグループの銀行と証券会社による顧客情報の共有を制限しているファイアウオール規制(銀証の壁)を撤廃するか維持するか、さらに新型コロナウイルス感染症の流行が収まった後の新たな経済回復・成長を見据え、成長資金を呼び込む施策などについて話し合った。

ファイアウオール規制についてはメンバーから、「顧客のニーズに基づくかどうかが大事だ。競争環境の公正性を担保できるのか見据えて議論していく必要がある」との意見があった。「銀証連携が進むと独立系証券会社に影響があるのではないか」との声もあった。

作業部会の座長は神田秀樹・学習院大学大学院教授。メンバーは武田洋子・三菱総合研究所政策・経済研究センター長やニッセイアセットマネジメントの井口譲二チーフ・コーポレート・ガバナンス・オフィサー統括部長ら13人から成る。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]