/

大塚HD、今期純利益41%減の500億円 薬の特許切れの影響本格化

大塚ホールディングスは12日、2016年12月期の連結純利益が前期比41%減の500億円になる見通しだと発表した。主力の抗精神病治療薬「エビリファイ」の特許が米国で15年4月に切れた影響が本格化し、欧米で後発薬の普及が進むことから収益が落ち込む。市場予想の平均値であるQUICKコンセンサス(21日時点、8社)の695億円を下回る。

売上高は14%減の1兆2500億円、営業利益は54%減の700億円を見込む。国内の薬価改定の影響も受ける。研究開発費は8%減少し、1850億円となる見通し。年間配当予想は前期並みの1株当たり100円とした。

併せて発表した15年12月期の連結決算は、純利益が840億円だった。前の期に決算期変更を行った影響で単純比較はできないが、14年4~12月期と比べると41%減となった。同様に比較した売上高は18%増の1兆4452億円、営業利益は23%減の1518億円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません