/

日経平均、反落で始まる 利益確定の売りが先行、米株安で

一時100円以上値を下げ、1万6800円台で取引される日経平均株価(12日午前、東京都中央区)

12日の東京株式市場で日経平均株価は反落で始まった。始値は前日比174円03銭安の1万6850円73銭だった。11日の米国株安が投資家の心理を冷やし、利益を確定する売りが先行した。日経平均は前日、1カ月ぶりに1万7000円台を回復し、いったん目標達成感が広がったようだ。ファストリ、ソフトバンクが下げ、三菱UFJなども安い。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン